◆内資製薬MR⇒外資製薬MR(34才男性) 年収500万⇒750万

候補者プロフィール

転職者:S・Mさん (34歳・男性)
業種  :内資系製薬業 → 外資系製薬業
職種  :医薬品MR → 専門領域MR
年収  :500万 → 750万
コメント客観的なアドバイスと親身なサポートに好感を持ちました

転職を決意した理由

現職の今後のパイプラインの先行き不安感は潜在的に感じていました。そんな中で、現在のジェネラルMRからステップアップでメガファーマでのオンコロジー領域のプロモーションをしたいという強い気持ちから転職を決意しました。

A・ヒューマンに登録したきっかけ

たまたま私の元同僚がA・ヒューマンさんで転職相談をし、サポートをして頂いたという話を聞き、企業とのパイプが太いという事もあって登録しました。

A・ヒューマン担当コンサルタントの印象

客観的なアドバイスを常に頂き、時にはくじけそうになることもありましたが、同時に激励の言葉を頂けるなど、非常に親身な方という印象を受けました。また頂いた企業の情報なども、一般的に知られていない裏側の部分など、エージェントならではの質で、面接対策もしっかり「これでもか」という位にサポート頂きました。

転職成功の秘訣

転職は現職との兼ね合いもあり、どうしても隠密行動になってしまうのですが、家族への活動の告知と理解は絶対不可欠です。私自身、家内の応援があったから頑張れたといっても過言ではありません。また、転職には様々な理由があると思いますが、現職への不満よりもむしろ、「自分はこれがしたい!」という強い気持ちを転職のエネルギーとする事だと思います。この気持ちが面接の際に、「前向きさ」や「入社意欲」という形で現れると思います。

担当コンサルタントから一言

M・Sさんはご登録当初、現職の忙しさもあって、なかなか積極的に活動出来ない状況でした。そこでご本人と、「最終的にどうしたいのか」「それを達成する為のタイムリミットは」という具合にご本人の転職意欲を見極めながらアドバイスをしてきました。非常に誠実でコツコツタイプの方だったので、求人企業の求める「戦略性」をアピールできれば合格が見えてくると考え、効果的な伝え方を集中的に打ち合わせし、結果トントン拍子で内定を頂きました。年収も相当UPされたものの、全て奥様にお渡しになるという事で苦笑いされていらっしゃいましたが、嬉しい悲鳴と勝手に解釈しております(笑)。ご本人も今では専門領域MRとしてキャリアをスタートされていらっしゃいますが、ご活躍の吉報を楽しみに待ちたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る