注目企業

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンの求人一覧・インタビュー

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社の求人

MRアソシエイトマネージャー(オンコロジー領域)
オンコロジー領域MR(オンコロジー経験者)
CE (看護士:クリニカル・エデュケーター)

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社について

logo

 米国クインタイルズ・トランスナショナル・コーポレーションの日本法人として1998年7月に設立しました。前身は1993年に設立されたクインタイルズ・アジア・インクであり、この年に日本で初めて本格的なCRO事業をスタートさせました。クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンとなった1998年には、CSO事業が加わり、海外のコンサルティング部門と連携した総合的なソリューション・サービスを提供しています。
2013年に、CRO事業開始20周年、CSO事業開始15周年を迎え、日本市場におけるグローバルCRO及びグローバルCSOとして業界を牽引しています。

現在、クインタイルズは世界約100カ国に32,000人以上の社員を擁し、医薬品の開発および営業支援など、製薬企業に総合的なサービスを提供する世界最大級の企業で、2013年の世界の売上ベスト100の医薬品すべての開発と営業に携わりました。世界の製薬企業は、効率性と効果の改善や、より良い治療結果を追求しながら、日々複雑さを増す事業環境の中で、新薬の開発と普及に取り組んでいます。それらを支援するため、クインタイルズは、疾患領域、サイエンス、解析における長年の経験や知識を生かして、様々なサービスを提供し続けています。

◆業界のリーディングカンパニー

   MRクインタイルズには、コマーシャル事業領域において、医薬品業界に革新的な変化をもたらすことを可能にする環境があります。

◆CSO事業3つの成長戦略
1)高度専門領域におけるサービスの拡大
これまで多くを占めていたプライマリーケアの領域から、専門領域であるセカンダリーケアへと既にサービスは拡大しています。がんやCNS、希少疾患などの専門領域におけるスペシャリティMRに対するニーズが高まることを予測し、同社では以前より専門領域に特化したMRの育成に注力し、競合他社に比類のない質の高いサービスを提供しています。
2)運営の主体性の拡大
これまでの欠員補充を中心としたリソースのニーズに対して、顧客主体の運営組織下にコントラクトMRを配置するモデルだけではなく、現在は運営の主体を同社が担当するビジネスモデルを確立しています。これは「クインタイルズ・マネジド(QM)」と呼ばれるサービスであり、自社MRだけで組織を編成し、特定のエリア(チームや営業所などの地域単位、疾患領域、顧客セグメントなど)の業務を包括的に受託するモデルです。現在は、戦略立案や成果へのコミットメント、リスクマネジメントなどトータルで当社が責任を負う包括サービスへと拡大し、業界内でスタンダードとなるほどに、その有効性が評価されています。
3)提供ソリューションの幅の拡大
提供するソリューションの幅も広がっています。コントラクトMRが担う医薬情報提供業務だけではなく、マーケティング、MSL、HMS、PMS、RWLPRなど、製薬企業に対して提供できる機能にはまだまだ伸びしろがあります。
特にPMS、RWLPRについては企業の透明性やコンプライアンス維持を目的としたアウトソースのニーズが増加しています。

エントリーフォームのコメント欄に「クインタイルズ希望」とご入力ください。

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社の魅力

◆業界最先端の教育研修制度体制

  データ当社の事業の核となるのは、他でもない人材です。当社ではお客様である製薬企業に対して比類ない高品質のサービスを提供するために、業界最先端といわれる充実した教育研修制度を導入しています。社員一人ひとりの経験や実績、そして適性を見ながらMRをはじめとする様々な業務に求められる知識やスキルを早く効果的に習得できるように、充実した導入研修、継続研修に加え、お客様からも高く評価いただいている「Q-College」と呼ばれるe-learningによる自己学習ツールを充実させ、人材育成を行っています。

また「Center of Excellence」の構築に向けて、「この領域なら右に出るものはいない」という抜きん出て専門性の高い人を抜擢し「○○のプロ」と名付け、その人を核にノウハウをしっかり蓄積していくという仕組みづくりにも注力しています。例えばエリア戦略の立案やKOLマネジメントに長けている人、調査分析に秀でている人、講演会の企画運営を任せれば必ず成果を上げる人など、その能力は様々。そうしたスキルを個人のものとして完結してしまうのではなく、組織として再現性を高めるとともに、ノウハウとして蓄積していく必要があるため、当社では、その体制が構築されつつあります。

さらに、ミドル・マネジメント層に対しては、経営の視点から戦略を考える「経営塾」や、現場のMR自らが問題意識を持ち、改善の施策をトップ・マネジメントに提案する「プラクティス・グループ」など、コマーシャル事業領域において、次世代のリーダーとして成果を上げるための能力を育む制度も充実しています。

経営戦略の一環として、ここまで人材育成の仕組みが充実した企業は、おそらく他にないのではないかと思います。こうした、自社の未来を自分たちで創りあげる風土、仕組みを持っていることが、「人とサービスがともに成長する企業」という我々の人材に対する基本理念を体現しているといえるでしょう。

 

エントリーフォームのコメント欄に「クインタイルズ希望」とご入力ください。

◆人事制度

 クインタイルズは、グローバルでGreat Place to Work® Institute調査による“世界で最も働きがいのある多国籍企業”の上位に表彰されています。社員が持てる能力を最大限発揮し、やりがいを持って業務に取り組むことができるよう、グローバルスタンダードの人事制度でハイパフォーマンスカルチャーの醸成をサポートしています。

 ◆多様なキャリア設計

キャリア

当社のMRは、MR活動を通じ、クライアントである製薬企業の営業・マーケティングの課題解決を遂行します。クインタイルズMRは、様々な製薬企業のプロジェクトに参加することで幅広い経験を積めるため、多様なキャリア設計が可能です。
様々な役割を担当する中で、高度なビジネススキルと専門性を獲得できます。

エントリーフォームのコメント欄に「クインタイルズ希望」とご入力ください。

◆担当コンサルタントからのメッセージ

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン社はグローバルで事業展開を行い、成功を収めているノウハウと実績があります。また、優れた研修制度と講師陣が貴方を一からスペシャリストMRとして育成していきます。向上心が高く、意欲のある方はぜひ、チャレンジなさってみてください!女性の方も大いにご活躍いただける環境です。豊富なキャリアパスと様々な活躍の場が、貴方を待っています。エントリー頂いた後、企業の詳細説明、応募にあたってのアドバイス、内定後のフォローから入社に至るまできめ細かな対応をさせて頂きます。営業スキルを活かして更にステップアップしたい方、MRとしてのキャリアを積みたい方、社会的貢献度の高い職業に就きたい方等、貴方のエントリーを心よりお待ちしております。

企業データ

会社名 クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社
事業内容 クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンは日本全国に7ヵ所の事業所を持ち、日本を含む世界中の市場でビジネスを拡大する製薬企業に対して、専門的なサービスを提供することで目標達成をサポートしています。
 【日本における主要なサービス】
・市販後調査(PMS)
・新製品投入時の営業サポート
・医薬情報担当者(MR)の採用
・MR向け導入研修および継続研修
・営業チーム、プロジェクト・チームの編成
・国内外の営業およびマーケティング・サポート
・臨床試験業務(フェイズIからフェイズⅣ)
・データマネジメントおよび統計解析
・医薬品関連文書の作成—治験薬概要、臨床試験計画書、総括報告書、NDA(製造/輸入承認申請書)、各種調査書類 等
・モニター(CRA)向けトレーニング
・海外における臨床試験および関連業務
・各種非臨床試験業務 等
代表取締役 代表取締役社長 清水 昇
設立 1998年7月31日(前身は1993年8月設立のクインタイルズ・アジア・インク)
資本金 39億5,100万円
従業員数 約3,400名(2015年1月1日現在)
本社所在地

〒108-0074 
東京都港区高輪4丁目10-18 京急第1ビル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料転職相談のお申し込みはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る