注目企業

バイエル薬品株式会社/求人情報や企業特集

バイエル薬品株式会社の求人【別途非公開求人あり】

バイエル薬品株式会社の求人につきましては下記エントリーフォームからお問い合わせ下さい。

エントリーフォームのコメント欄に「バイエル希望」とご入力ください。

日本のバイエルの沿革

今から約150年前の1863年、バイエルの前身となるフリードリヒ・バイエル社という染料会社がドイツで産声を上げました。その後、バイエルの医薬品「フェナセチン」が初めて日本に紹介されたのが1888年。この後に「フリードリヒ・バイエル合名会社」が神戸に設立されました。日本のバイエルが操業を開始した瞬間です。その後の第一次世界大戦中は休業となるも、終戦後に営業を再開。着実に営業、開発、製造基盤を固め、1973年にはドイツ・バイエル社、武田薬品、吉富製薬の3社で「バイエル薬品株式会社」を設立しました。 2007年に日本シェーリングと事業統合、2010年にはインテンディス株式会社を合併。現在のバイエル薬品が確立し、2011年に創立100周年を迎えました。 1世紀の長きにわたって、バイエルは着実に世界有数のヘルスケア企業としてのポジションを確立してきたのです。

「アスピリン」を世に送り出した会社 -バイエル-

解熱・鎮痛剤として世界80カ国で愛用されている「アスピリン」。世界で最もよく知られるこの薬は、バイエルのスローガンである Science For A Better Life(よりよい暮らしのためのサイエンス) の象徴です。アスピリンの開発者であるフェリックス・ホフマンが同剤の開発を決意したのは、関節リウマチに苦しむ父が安心して飲める薬を開発するという強い思いがあったからです。そんな思いで開発されたアスピリンは、1950年には「世界最大の売上高を誇る鎮痛薬」としてギネスブックに登録。人類初の月面着陸を果たしたアポロ11号にも、宇宙飛行士の頭痛、筋肉痛の解消用にアスピリンが搭載されました。 1971年にアスピリンの作用メカニズムを解明した英国のジョン・べイン博士がノーベル賞を受賞。その後も心筋梗塞や脳卒中への投与薬として推奨を受け、今なお進化を続けています。痛みと副作用から逃れたいという患者の願いに応えようとしたホフマンの夢と情熱が、世紀を超えて今もバイエル薬品にしっかりと受け継がれております。

バイエル薬品の使命

バイエル薬品の大きな使命は、バイエルヘルスケア社の研究所が創出した治療薬や診断薬を、日本の医療現場にいち早く提供する事です。海外で使える薬が日本で使えない、いわゆる「ドラッグラグ」という問題に、同社は積極的に取り組んでいます。その一環として「国際共同治験」への参加を進めており、同社の臨床試験に占める国際共同治験の割合は約80%と非常に高い数値をマークしています。一方で他社からの製品導入等、日本におけるパートナーシップを常に模索しています。また、有効性と安全性のバランスで評価され「常にリスクを上回るクスリ」としての価値を持つ新薬開発を目指しております。治療法や文化、生活環境、患者さんの人種、性別、年齢などの外因性/内因性で変化する有効性や安全性を十分に踏まえた治験の実施、参加を行っております。

多岐にわたる製品群

バイエル薬品は、領域毎に事業部制を敷いており、領域別に主な製品として
薬イメージ1◆循環器領域
高血圧・狭心症治療薬「アダラート」、高脂血症治療薬「ゼチーア」、血糖改善剤「グルコバイ」、勃起不全治療剤「レビトラ」、遺伝子組換え型インターフェロン-β-1b製剤 「ベタフェロン皮下注」
◆腫瘍・血液領域
抗悪性腫瘍剤/キナーゼ阻害剤 「ネクサバール錠200mg」、抗乳癌剤 「タスオミン錠」、抗血小板剤「バイアスピリン」、不整脈治療剤 「アスペノン」、遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子製剤 「コージネイトFS バイオセット注」、高リン血症治療剤 「ホスレノールチュアブル錠」
◆婦人科・皮膚科領域
月経困難症治療剤「ヤーズ配合錠」、経口避妊剤 「トリキュラー錠21・28」、外用合成副腎皮質ホルモン剤 「ネリゾナ」、痔疾用剤 「ネリプロクト」、ニューキノロン系抗菌剤「シプロキサン」 「アベロックス錠400mg」
◆眼科領域
滲出性加齢黄斑変性症治療薬(上市予定)
◆ライジオロジー&インターベーショナル
MRI用造影剤 「マグネビスト」、MRI用肝臓造影剤 「EOB・プリモビスト注シリンジ」
◆動物薬品
ニューキノロン系抗菌剤 「バイトリル」 、犬猫用外部寄生虫駆除剤 「アドバンテージ」 、滴下式猫用内部寄生虫駆除剤 「プロフェンダースポット」、抗コクシジウム剤「 バイコックス」、犬用健康補助食品「コセクイン DS」
など幅広い疾患領域の製品群を保有しております。

業績と今後の展望

夜明け-300x225

バイエル薬品の2011年度の売上高は1,727億円(決算公告)。これは日本のバイエルの売上高(約2,370億円)の72%に相当します。創立100年を超え、歴史もあり安定した企業である一方で、組織も体質の一新を図り、ビジネスのスピードを加速させようとしています。今後も更なる成長に向けて、現在様々な新製品の開発が進められており、「癌」「眼科」「循環器」を始め、上市が待たれる難病疾患の治療薬に期待が掛かります。今後も革新的な製品開発や新治療法の研究で健康とQOL向上へ貢献を目指していきます。


エントリーフォームのコメント欄に「バイエル希望」とご入力ください。

パイプライン(2012年6月現在)

治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の承認状況 予定される効能又は効果、対象疾患名および症状名 開発段階
国内 海外
BAY 59-7939
(rivaroxaban) / 錠剤
既承認 非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制 承認 販売
BAY 59-7939
(rivaroxaban) / 錠剤
既承認 【適応追加】急性冠症候群患者における心血管イベントの抑制 第Ⅲ相 申請
BAY 59-7939
(rivaroxaban) / 錠剤
既承認 【適応追加】下肢整形外科大手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制 第Ⅲ相 販売
BAY 59-7939
(rivaroxaban) / 錠剤
既承認 【適応追加】静脈血栓塞栓症の治療及び再発抑制 第Ⅲ相 販売
BAY 63-2521
(riociguat) / 錠剤
未承認 肺動脈性肺高血圧症 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 63-2521
(riociguat) / 錠剤
未承認 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 63-2521
(riociguat) / 錠剤
未承認 左心不全に伴う肺高血圧症 第Ⅱ相 第Ⅱ相
BAY 77-1931
(lanthanum carbonate) / 錠剤
既承認 【適応追加】保存期腎不全患者における高リン血症の改善 第Ⅲ相 販売
BAY a 1040
(nifedipine) / 錠剤
既承認 【用量追加】高血圧症 申請
BAY q 3939
(ciprofloxacin) / 注射
既承認 【用量追加】重症感染症 第Ⅲ相 販売
BAY q 6256
(Iloprost) / 吸入剤
未承認 肺動脈性肺高血圧症 第Ⅲ相 販売
SHL562BB
(gadobutrol) / 注射
未承認 脳・脊髄のMRI造影 第Ⅲ相 販売
SHL562BB
(gadobutrol) / 注射
未承認 躯幹部・四肢のMRI造影 第Ⅲ相 販売
BAY 94-9172
(florbetaben) / 注射
未承認 アミロイドベータ診断用PETトレーサー 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 43-9006
(sorafenib) / 錠剤
既承認 【適応追加】肝細胞癌における術後補助化学療法 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 43-9006
(sorafenib) / 錠剤
既承認 【適応追加】非小細胞肺癌 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 43-9006
(sorafenib) / 錠剤
既承認 【適応追加】卵巣癌 第Ⅱ相 第Ⅱ相
BAY 43-9006
(sorafenib) / 錠剤
既承認 【適応追加】甲状腺癌 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 43-9006
(sorafenib) / 錠剤
既承認 【適応追加】乳癌 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 73-4506
(regorafenib) / 錠剤
未承認 大腸癌 第Ⅲ相 申請
BAY 73-4506
(regorafenib) / 錠剤
未承認 消化管間質腫瘍 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 86-5321
(aflibercept) / 注射
未承認 滲出型加齢黄斑変性 申請 販売
BAY 86-5321
(aflibercept) / 注射
未承認 網膜中心静脈閉塞症 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 86-5321
(aflibercept) / 注射
未承認 近視性脈絡膜新生血管 第Ⅲ相 第Ⅲ相
BAY 86-5321
(aflibercept) / 注射
未承認 糖尿病黄斑浮腫 第Ⅲ相 第Ⅲ相

企業情報

社名
バイエル薬品株式会社
本社所在地
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9ブリーゼタワー
TEL 06-6133-7000
設立
1973年4月5日
代表者
代表取締役社長 カーステン・ブルン
社員数
約2,630名(2012年4月1日現在)
資本金
22億7,342万5,000円
株主
バイエル ホールディング株式会社(100%)
事業内容
医薬品、医療機器、動物用医薬品の開発・輸入・製造・販売
事業部
循環器領域事業部、腫瘍・血液領域事業部、婦人科・皮膚科領域事業部、眼科領域事業部、事業推進本部、ラジオロジー&インターベーショナル事業部、動物薬品事業部

 

エントリーフォームのコメント欄に「バイエル希望」とご入力ください。

 

無料転職相談のお申し込みはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る